」カテゴリーアーカイブ

Dandy Lion > BARのお値段、ハウマッチ!

BARのお値段、ハウマッチ!

BARのお値段、ハウマッチ!

ぽかぽかと暖かい日が来たと思えばすごく冷えて寒くなる、そんな毎日を繰り返しつつ春の訪れを待つ今日この頃、BARのカウンターに新しい顔がチラホラしてきたように感じます。

そんな方々のお客様のお話を聞くと、DANDYLIONの扉は少々重いとおっしゃる方がたまにいらっしゃいます。そんなに重くないんですけどね~。

とは言え、確かにオーセンティック・バーってちょっと敷居が高めの印象を受けるのも事実。その理由は飲み方やマナーとお値段に関する事に大別されるのではないでしょうか。
と言うわけで、今日はBARのお値段についてお話します。

まず初めに、日本のオーセンティック・バーと言われる業態の店は大体においてテーブルチャージ(席料・カバーチャージ)がかかると思ってください。居酒屋さんだと数百円くらいの席料だと思いますが、バーだと5~600円から都内などの高いところで2,000円くらいかかります。(DANDYLIONは800円いただいています)

テーブルチャージはそのお店の立地や内装、調度品などやおとうし、その他のサービスなどに比例すると思いますが、一概には言えません。まあ、チャージを払いたくない場合は「No Charge(ノーチャージ・席料なし)」と書かれたお店に行くことをお勧めします。スタンドバーとかはノーチャージが多いですね。

そして飲み物のお値段です。BARでウィスキー等を飲む場合はショットで頼む事がほとんどだと思います。日本でショットと言えば大体30㏄を量ります。メニューに値段が書かれていますが、注文時に飲み方も一緒に注文いただくと助かります。「メーカーズマークをロックで…。」みたいな感じですね。(ちなみにDANDYLIONではメーカーズマークは720円です)

DANDYLIONではショットはストレートもオン・ザ・ロックもソーダ割も同じ料金ですが、お店によってはロックの氷代やソーダ代が別のお店もあるのでご注意を。不明な点は遠慮せずにお店のバーテンダーに聞くと良いと思います。

ウィスキーやブランデーは銘柄、年数の他希少性によっても値段が変わってきます。基本的に年数の若い方がよりリーズナブルになります。近年はウィスキーブームで熟成年数の長いものはかなり高価な値段がつくことがありますので注意が必要です。高い銘柄ですと、ショットで3,000円や4,000円くらいになる事もありますので…。

また、カクテルのお値段ですが…、カクテルはざっくりとショートカクテルとロングドリンクスに分かれます。

ショートカクテルとは、短い時間で飲み干すカクテル、という意味でいわゆるカクテルグラスに入っているものと覚えていれば間違いないでしょう。
ロングドリンクスとはグラスに氷が入ったカクテルの事です。比較的ゆっくりと飲めるもので、ジントニックやスクリュードライバーなどが有名ですね。

で、ジントニック等のシンプルなカクテルは比較的リーズナブルな価格です。(DANDYLIONでは720円いただいてます。)
このカクテルがその店のお値段の相場を表していると思えばわかりやすいのではないでしょうか。

また、マティーニやマンハッタンと言ったちょっと有名なショートカクテルは結構高いので気を付けましょう。なぜなら、材料のお酒がショットの1.5倍~2倍近く入るからです。つまり、原価が高いのでその分高めの値段設定になります。都内でマティーニを飲んだら、2,000円を超える店もざらにあります。(DANDYLIONではマティーニは1,450円いただいています。)

季節のフルーツを使ったカクテルや、自家製のフレーバーを付けたウォッカなどを使うカクテルも多少高くなると考えてよいでしょう。当然ながら原価の分だけ、出来上がりのカクテルの値段も上がります。

と、ここまで書いてきましたが、BARのカウンターで今いくらくらい…などと考えながら飲むのも野暮なので、初めて行くお店では2~3杯で切り上げることをお勧めします。それでざっくりとそのお店の相場感が判るのではないでしょうか。

最後に、二人でDANDYLIONにご来店いただいた場合のお値段をシュミレートしてみましょう。

・男女のお二人でご来店
・1杯目はジントニックと、女性には何かお任せのカクテル(弱め・軽めで注文)
・軽いつまみ(プチ・カプレーゼ、ハニーナッツのクリームチーズ添え)をご注文。
・2杯目にお勧めのウィスキーをロックで。女性にはもう一杯お任せのカクテルを。
・男性だけ3杯目、違うウィスキーをロックで。

以上で計算してみましょう。
・テーブルチャージ@800円×2名=1,600円
・ジントニック720円、お任せカクテル1,180円
・プチ・カプレーゼ430円、ハニーナッツ620円
・ウィスキー(クラガンモア12年)880円、季節のフルーツのお任せカクテル1,450円
・ウィスキー(トマーティン14年)1,250円
以上で8,130円となります。もちろんDANDYLIONではカードも使えます。
この金額が高いと思うか、安いと思うかは我々バーテンダーの心遣いにかかっているといつも自問しています。

飲み方は人それぞれですので一概には言えませんが、オーセンティック・バーで飲むとこんな感じになると思います。

いかがでしょうか。初めてBARの扉をくぐる時の心配が多少は軽減できたでしょうか。
とにかく、BARのカウンターで不明なことは、何でもバーテンダーに聞いてください。
かく言う私も他のお店で飲むときは、「このウィスキー、ショットでいくら?」って聞いちゃいます。
バーテンダーはいつでもお客様のためにカウンターに立っているのですから…。

(記事内の値段はすべて2019年3月時の値段です。価格が変わる可能性もありますので当日メニューを見てご確認ください)

カテゴリー: Blog, Infomation パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA