」カテゴリーアーカイブ

Dandy Lion > シリーズ「スコットランドの風景」 Vol.2 古の王都パース

シリーズ「スコットランドの風景」 Vol.2 古の王都パース

シリーズ「スコットランドの風景」 Vol.2 古の王都パース

エディンバラから北上すること1時間弱、テイ川右岸に栄える歴史を感じさせる古い街です。13世紀から15世紀まではスコットランド王国の首都として栄えた街で、東に走ればセントアンドリュース、北に行けば山を越えてスペイサイドと交通の便も良い場所に位置しています。

歴史を感じさせる建物が数多く立ち並び、市街地には美術館や博物館、古い教会が建ち広い公園なども整備され、英国人の住みたい街ランキングでは毎回首位を争う美しい街でもあります。

 

パースブリッジ テイ川よりパースブリッジを望む

テイ川よりパースブリッジを望む

当時私が立ち寄った際に、街中の公園を使って映画で見たような移動遊園地が設営されていました。地元の小学生らしき子供たちの歓声で賑わっている光景が印象だった記憶があります。

パースフェス お土産屋など

フードワゴンのお店やお土産屋、怪しい見世物小屋などが出店。ちょっと浮かれた空気感に誘われる。

スコットランドは週末になると各地で様々なフェスティバル(お祭り)が開催されており、旅行中でもよく見かける事が多かったです。とは言え、地方都市ではそれなりの人出しかないので参加者でごった返すという光景を見た事は無く、何となく田舎を感じてしまうのは私だけですかね…。

パースフェス 一番大きなライド

見た感じ一番大掛かりなライド。他にも小さなメリーゴーラウンドがありました。

<All photos by Daizo Shinozuka in 1998>

カテゴリー: Blog, Infomation, スコットランドの風景 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA