ポットスティル(pot still)

Dandy Lion > HENCYCLOPEDIA

すちゃらか

ポットスティル(pot still)

  モルトウィスキーの蒸留に使用する単式蒸留釜。銅製である。原理はかなりシンプルである。 板金や溶接が出来る人なら作れるかも。(たぶん犯罪です。笑) ちなみにスコットランドでは法律である一定容量以下のポットステ … 続きを読む

カテゴリー: Hencyclopedia | タグ: | ポットスティル(pot still) はコメントを受け付けていません。

ホグスヘッド(hogshead)

  容量250リットル前後の樽。蒸留所(または職人)によってまちまちだが、ホグシェットとも発音する。解体したバーボン樽から作るが、胴径はバーボン樽(バレル)より太い。バレルよりも木香の影響が少ない。 豚の頭が語 … 続きを読む

カテゴリー: Hencyclopedia | タグ: | ホグスヘッド(hogshead) はコメントを受け付けていません。

ヘアー・オブ・ザ・ドッグ(hair of the dog)

  迎え酒の事。犬に咬まれた時に傷口にその犬の毛を擦り付けたという民間療法から。毒を持って毒を制す、と訳す辞典もある(笑) ちなみに効果のほどは保証しない。

カテゴリー: Hencyclopedia | タグ: | ヘアー・オブ・ザ・ドッグ(hair of the dog) はコメントを受け付けていません。

ブレンデッド・ウイスキー(blended whisky)

モルトウィスキーとグレーンウィスキーをブレンドした物。市場に出回るスコッチの約9割はこれである。

カテゴリー: Hencyclopedia | タグ: | ブレンデッド・ウイスキー(blended whisky) はコメントを受け付けていません。

ブレンダー(blender)

  ウィスキー同士を調合し、ブレンデッドウィスキーをつくる、あるいはその味覚を維持する職人(業種・業者) トップレベルのマスターブレンダーともなるとその香りだけで全ての蒸留所を言い当てる事が出来る。ビッグノーズ … 続きを読む

カテゴリー: Hencyclopedia | タグ: | ブレンダー(blender) はコメントを受け付けていません。

プレーンオーク(plain oak)

  バーボン樽、シェリー樽を問わず、一度スコッチを熟成させて空いた樽の事を言う。再々利用の樽、リフィルカスクとも。だが最近ではリフィルシェリーカスク等も出てきており、以前詰めた酒類や樽材の風味がほとんどなくなっ … 続きを読む

カテゴリー: Hencyclopedia | タグ: | コメントする

ピュアモルト(pure malt)

ピュアモルトウィスキー(pure malt whisky)の事。原料はモルト(麦芽)100%。必ずしもシングルモルトではない。

カテゴリー: Hencyclopedia | タグ: | コメントする

ピート(peat)

ヒース(へザー)等の潅木が堆積して炭化した物。泥炭。乾かして燃料にする。モルトウイスキーを造る際に使われたりする。

カテゴリー: Hencyclopedia | タグ: | ピート(peat) はコメントを受け付けていません。

パンチョン(punchen)

  ウィスキーを熟成させる樽で、容量はバットと同じかちょっと大きい位(500リットル前後)。ややずんぐりして胴が太いので樽の中のウィスキーと接触する単位容量当りの面積が少なく、熟成がゆっくり進むのが特徴。 ちな … 続きを読む

カテゴリー: Hencyclopedia | タグ: | パンチョン(punchen) はコメントを受け付けていません。

バレル(barrel)

  ウィスキー熟成用の樽で、容量は180リットル。バーボンはこのタイプで熟成される。最近のラムもこれで熟成される。 ちなみに米語では樽そのものをbarrelと呼ぶが、スコットランドのウィスキー業界ではバーボン樽 … 続きを読む

カテゴリー: Hencyclopedia | タグ: | バレル(barrel) はコメントを受け付けていません。